給 食

  1. ホーム
  2. 給食

保育園の給食について

乳幼児は、発育が盛んで活動も活発ですので、大人に比べてエネルギーやいろいろな栄養素を多く必要としています。 また、食事の習慣の基礎が作られる時期でもあるため、この時期に良い食習慣をしっかりつけることが重要です。

保育園給食では、安全で栄養バランスのとれた食事を提供するのはもちろん、お友だちと一緒に食べる給食が「おいしいな」「楽しいな」と 感じられるよう、取り組んでいます。はじめは野菜が苦手な子も、美味しい給食で少しずつ食べられるようになります。

保育園での給食

  • 保育園では、子どもたちの味覚を育てるため、天然だしを使用しています。
  • 0~5歳は、味覚の基礎が作られる大切な時期です。
  • 味覚を育てるには、薄味で素材そのものの味を体験することが大切です。
  • 「だし」は素材の味を引き出すだけでなく、料理に旨味を与えます。
  • だしをきかせることで、調味料をあまり使わずに薄味に仕上げることができます。

≪保育園給食で使用する主なだし≫
煮干しだし、昆布だし、かつおだし、干ししいたけだし、などを使用しています。

天然だし

  • 旬の食材は、味が良く、栄養価も高いため、積極的に食事やおやつに取り入れています。
  • 旬の食材を給食に使用することで、給食の時間が食育の時間にもなり、子どもたちの食への興味・関心を広げることができます。
  • 旬の食材は野菜や果物だけでなく、魚も取り入れています。苦手な子どもも多い魚ですが、保育園給食では、子どもたちが食べやすいよう工夫し、いろいろな調理法、味付けの魚料理を提供しています。

旬の食材

  • 子どもの体は成長が著しく、体重1キロあたりに必要なエネルギーは、大人の2~3倍になります。また、一度にたくさんの量を食べることができないため、おやつで足りない栄養素や水分を補うことが必要です。
  • 子どもにとってのおやつは楽しみであるとともに、食事の一部であり、おやつ=お菓子ではありません。
  • 保育園給食では、10時のおやつは果物を中心に、3時のおやつは手作りおやつを中心としています。
  • 3時のおやつに旬の果物を提供することもあります。 果物と手作りおやつで様々な食材を使用し、足りない栄養素を補います。 おやつの飲み物には、牛乳や豆乳、スキムミルクを提供しています。

おやつは果物や手作り中心

電解水生成装置の設置

保育園での給食は、衛生的に作られています。
五十川保育園では、電解水生成装置を設置しており、この強アルカリ電解水と、強酸性電解水で、食材はもちろん、給食機材・器具も、毎日、洗浄・殺菌をしています。

強アルカリ電解水 は、水では落ちにくいタンパク質や油脂などの有機物を溶解・乳化し、洗い流します。 これで包丁、まな板、フキンなどを洗浄します。
強酸性電解水は、希釈タイプの次亜塩素酸ナトリウムより短時間で、同等の殺菌力があります。 また、残留性が低いのでニオイなどが残りません。 そのため、野菜やカットリンゴなども変色しません。 野菜はもちろん、魚や卵もこれで殺菌しています。

電解水生成装置

給食献立表と給食便り

12月の給食 献立表と給食便り

(おやつ10時と3時含みます)


給食献立と給食便り

12月の離乳食 献立表と離乳食便り

(おやつ10時含みます)


離乳食献立と離乳食便り

行事食

  • 五十川保育園では、季節毎に、行事食を取り入れております。
    (ひな祭り・お誕生日会・七夕おやつ・クリスマス・七草がゆ・鏡開きのぜんざい・お別れ立食パーティー等)

行事食